ブログ

作品が完成しない!?そんなときにオススメな3つの方法

悩み中…

「Scratchで作っている作品が全然終わらない…」

皆さん、こんな経験ありませんか?

「Scratchで作っている作品が全然終わらない…」

そんなときに役に立つ3つの方法についてご紹介します。

いま、作品作りに励んているお子さんや、子供を指導する方に参考になればと思います。

step
1
終わらない理由を「紙になぐり書き」しよう!

どうして終わらないか、考えたことがありますか?
「どうして終わらないのか」もし、自分で分かっていると「どうすれば終わるか」も自然と分かって来ます。

偉そうに言っているように感じるかもしれませんが、
私も作品を作っていると没頭してしまい目の前の事ばかり熱中し、締切に追われた経験が何度もあります・・・

そんな時は、作業している場所を一旦離れて気分を入れ替えます。

そのときに、メモ帳と鉛筆かペンを持っていきます。

そして、落ち着いた時に、自分の作品が終わらない理由を思いつくだけ書いていきます。

私の生徒にも同じ質問をします。

子供達の意見の多くが、「時間がない」「プログラミングで行き詰まった」「アイデアが尽きた」「飽きた」です。

ですが、ここで諦めてはいけません!!
もっと細かく書き出していきます。

簡単な方法は、頭に「なぜ」や「どうして」といったクエッション?の言葉を付け加えて、
自問自答するとどんどん出てきますよ!

そして、その質問を解決する方法について考えます。

ここでもし、「時間がない」と答えた場合は、無理に時間を作ろうとしないで構いません!

「いつまでに完成したいか期日を決めて、それまでの期間に『何時間プログラミングに向き合えるか』」を
計算します。

すると、残りの制作時間が見えてきますよね?

「オレには、のこり3時間しかないのか。」「まだ、20時間もあるじゃないか!!」

あれ!?時間がありましたね(笑)

あとは、「その時間だけ」頑張ればいいのです!


step
2
次は、「やりたいこと」を紙にリストアップしよう!

結論から言うと「作品づくり」には完成がありません。
どんなに時間があろうと、どんなにやりきろうと、やり残した気持ちは少なからず残ります。

大切なことは、「やり切る事!!」つまり、ゴールを作ることです。

つまらない作品でもいいのです。

ダサくてもいい。

限られた時間で、頑張って作ったことが素晴らしいことなのです。

そのためにも、やり残しリストを作ることが大切です!

step
3
最後は、優先順位をつける!

では、最後に「優先順位」をつけましょう!

例えば、「キャラクターを変える、爆発の演出を追加、得点が入らないバグ修正、ゲームクリア、ゲームオーバーの画面が無い」とします。

この場合、まずは、ゴールを作ることをします。

この様に並べ替えてみました。

優先順位

  • 1.ゲームクリア、ゲームオーバーの画面が無い
  • 2.得点が入らないバグ修正
  • 3.爆発の演出を追加
  • 4.キャラクターを変える

そして、、時間を振り分けます。今回は、5時間で振り分けてみましょう。

(ポイントは、少し多めに見積もることです!)

時間を割り振る

  • 1.ゲームクリア、ゲームオーバーの画面を作る・・・2時間
  • 2.得点が入らないバグ修正・・・2時間
  • 3.爆発の演出を追加・・・0.5時間
  • 4.キャラクターを変える・・・0.5時間

このようにすると、やることが見えてきますね!

まずは、この予定を達成できるように頑張ってみましょう。

 

「それでも、時間が足りない場合は・・・」

単純です!余ったのはできないまま完成です(笑)

未完成でゴールするか、自分で決めた目標を達成するまで頑張ってからゴールするかは本人に任せますが、

この方法で無理やりゴールに辿り着くまでの道のりを作ることが大切なのです。

 

いかがでしたか?

ただゲームを遊ぶのとは違い、「ゲームを作ること」はとても大変です。

大人でも大変なことですので、子供が挫けそうになって当然です!

作りかけで手を止めてしまった作品がもしあれば、

ぜひ先程説明した内容を活かして実践してみてくださいね。

  • この記事を書いた人

takuma

プログラミングスクール・ティンカーズ 目黒教室長の坂本拓馬(たくま)です。 デザイン全般が大好きです! 2017年から、プログラミングの先生をしています。

-ブログ
-, , ,

© 2021 Programming School Tinker‘s